山形県鶴岡市の美味しいお米

圃場巡回2015.07.01

鶴岡地域良質米生産推進協議会の展示圃現地研修に参加させていただきました

DSCN3964

 

今年から作付試験の行われている“山形112号”の圃場

112号は、つや姫並みの食味で品質もとても良い米です

 

 

 

それに先立って午前に行われた協議会の総会にも出席させていただきました

 

DSCN3924

 

 

挨拶をする新組合長

 

農政は転換期を迎え、米価は下落しJA改革が叫ばれる今日、ただいいものを作るだけではだめになってきました

 

良い米を作ったその先を考えていかなければなりません

 

DSCN3968

37株/坪植えのはえぬきの圃場

縦、横ともに、30㎝間隔で植えてあります

鶴岡では、疎植栽培が、増えてきております

私も去年まで、試験栽培をしていました

疎植することで、使う苗の数が減り、経費の削減につながります

収量は慣行の栽培60株/坪植えと比べても遜色ありません

 

今後ますます増えていくと思われます

 

 

DSCN3939

 

山形の美味しいお米“つや姫”の圃場

マイスターが作っている展示圃場です

生育は順調です

秋が楽しみな圃場です

 

 

 

JA鶴岡では今年から無農薬栽培の試験も始めました

DSCN3973

 

 

DSCN3970

 

除草剤も使えないので田植機を改良した機械で除草しています

圃場の状況はコナギがたくさん残っていました

DSCN3975

 

あまり見ることのない光景なので驚きました

 

今まで通りの稲作ではいけないのは、事実です

皆で勉強して、生き残っていかなければなりません

 

DSCN3961

 

 

途中に休憩で立ち寄った産直にありましたフクロウの置物です

 

皆様に福が来ますように

 

 

 

 


長ネギ2015.06.28

長ネギの定植をしました

 

春に稲の苗代として使ったハウスを使います

 

去年のもみ殻がまだたくさんあったのでまき散らしました

 

DSCN3874

 

トラクターで耕して

 

DSCN3895

 

 

 

 

紐を張った上から足でマークを付けた後管理機で畝を作ります

 

DSCN3897

苗は、紙でできたチェーンポットで育てます

img_report_vegetable_201103_12

 

 

それを定植機“ひっぱりくん”を使い定植します

 

20120424_11

 

 

次々と繰り出されて植えられていきます

 

 

fb2f5585

 

 

 

DSCN3903

 

 

綺麗に植えつけられました

ところどころ、うまく苗ができなくて歯欠けになりました

 

 

DSCN3906

 

少し苗が足りませんでした

来年の課題です

 

 

もともとこのハウスは、長ネギを栽培することで、助成金をもらいたてました

 

ようやく本来の目的である長ネギの栽培がスタートしました

今年は、土を寄せて作る普通の長ネギを作ります

 

鶴岡では、フィルムを張って作る軟白ネギも盛んに栽培されています

 

単価も軟白ネギのほうが安定しているそうです

来年からは、軟白ネギかな?

 

収穫は秋の予定

初めての長ネギ楽しみです

 

 


いよいよ始まりました2015.06.25

いよいよ始まりました

 

以前から計画しておりました新規事業が、本日着工しました

 

測量と、事務手続きがようやく終わり造成からスタートです

DSCN3886

 

 

表層の作土を運び出し、残土を運び込み、造成していきます

 

DSCN3893

 

 

いつみても、バックホーは、力持ちです

 

DSCN3891

 

 

集落の先輩 現場指揮者

お世話になります

 

JAに行って、資金の相談

2015-06-23 09.39.45

 

恥ずかしがりの担当です

とにかく融資よろしくお願いします

 

事業の全貌は、おいおい発表します

 

 

 

 

 

 


草刈2015.06.21

今日の仕事は草刈

 

ヤンマー・マチルダ feat.ツインモア

 

DSCN3839

 

 

トラクターに取り付ける作業機

ツインモア

 

動力は、油圧

二つの油圧モーターで刈刃を回転させて草を刈っていきます

 

草が厚いと、すぐに回転は止まってしまいますが背負いの草刈機よりずっと効率的です

 

 

DSCN3841

 

しかもオペレーターは、エアコンの効いたキャビンの中にいるので快適です

 

 

 

DSCN3842

 

 

勝福寺地区の生産組合で請け負っている幹線水路の草刈を行いました

集落では、高齢化と農家の減少によって今まで行っていた集落の周囲の施設等の管理が大変になってきました

 

少しでも楽になればと思ってやっています

 

 

キャビンのリアウインドウのスモークは張ってから気づきました

遮光が強すぎて、後ろが見えません

 

スモークを張るときはほどほどに

 

 


生育調査 6月20日2015.06.20

 

今日も十日ごとの生育調査を行いました

 

1uEOfNvc21nLhbh79prbOegH5eY32x-P2TsAlbQz_IU

 

写真は、一緒に調査している友人のコシヒカリの圃場です

丈も伸び茎数が増えてきて株間が見えなくなってきました

葉色もいい感じです

 

今のところ順調に生育しています

 

稲は、草の丈は一日1㎝づつ十日で10㎝伸びます

茎の数は、十日で約2倍に増えます

 

2015-06-10 17.22.38

十日前の同じ調査地点です

 

ずいぶん大きく成長しました

もう水面が見えにくくなりました

 

 

 

水の管理や、追肥を施すことで、理想とする稲姿にしていきます

草丈は、大きすぎると秋に倒れやすくなりますし、小さいと大きな穂をつけることができません

茎数は、多すぎると稔が悪くなるし、少ないと収穫量も少なくなります

 

生産者の腕の見せ所です

 

一年一作気が抜けません

 

 

 

 

梅雨入りが例年より遅く今年の夏は冷夏になるかもしれないとの予想が出ているのでとても心配しています

 

自然を相手にした仕事をしているので人間ができることを精一杯続けていくだけです