山形県鶴岡市の美味しいお米
ブログアーカイブ

生育調査 7月1日2015.07.01

相棒の寝坊により、朝から夕方に変更して調査を行いました

11714978_928285347252017_1049835568_o

 

 

草丈を測る相棒

昨日呑みすぎました

 

11715105_928284063918812_111198309_o

 

 

稲の隙間が見えません

順調に生育中です

 

我社のつや姫も、前回の調査から草丈9㎝の伸び茎数約2倍に増えました

概ね目標の係数を確保できたのでようやく落水、中干にはいります

 

中干とは、水管理の技術のひとつです

今までためていた水を払い、田面を乾かします

乾かすことで土が締り、秋のコンバインでの収穫作業がしやすくなります

また、空気が土の中に入り込むことで稲の根が伸長し、倒れにくくなりまた肥料吸収の効率が上がります

梅雨に入り、雨も降るので10日間ほどをめどに乾かしていきます

 

表面が締まってから作興の作業に入る予定です

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください