山形県鶴岡市の美味しいお米
ブログアーカイブ

大豆の仕事 播種2015.06.03

田植が終わり休む間もなく大豆の播種が始まりました

 

現在の日本の農業政策に減反政策があります

すべての水田に稲を作ると、生産量が、消費量を大きく上回ってしまい大量にコメが余ってしまいます

大量にコメが余ると、価格が下がって農家の収入が大きく減ってしまいます

そうならないようにするために、コメの生産量の調整を行って、作付する面積を減らしています

 

これを“減反”と言っています

そして別の作物を作付することを“転作”と言っています

 

この転作作物に作物ごとに政府から補助金が出ています

 

作物ごとに単価が違うことで作付の誘導を行っています

 

大豆は、国内での生産量が消費量に大きく届いていません

だから他の作物より高めの補助金が出ています

お金の為だけではありません

日本の農業を守っていきたいのです

 

 

一所懸命に大豆を作っています

安心安全な国産大豆をよろしくお願いします

 

DSC_6665
4連の播種機

 

 

地域の生産者で受託組織を作り、地域の減反圃場を借り受け大豆の作付を行っています

大規模に行うことで効率化を図っています

効率化することで生産量を増やしています

 

 

 

 

耕起を行う人、播種する人、播種後の除草剤を散布する人、作業の段取りを行う人

皆で協力して行っています

 

DSCN3353
ブームスプレイヤー 10m

 

私は、今日はブームスプレイヤーの当番でした

使用する水は、水路からくみ上げるのですが一緒に砂を吸い上げてしまいます

その砂が、ストレーナーに詰まってしまいました

復旧に思わず時間をとられましたが、あわてず安全第一で作業を行っていきます

 

 

 

梅雨入り前には終了させたいですね

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください